学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

夢中になれるもの

2017.06.30

 

1年の折り返し地点であることから『ハーフタイムデー』とも呼ばれる6月最後の朝、雲がかかり梅雨時期らしい空模様です。

気温は24℃、朝の気温も少しずつ上がってきました。日中は30℃近くまで気温は上がる予報です。曇り空だからと安心せず、こまめな水分補給をし、熱中症予防を行いましょう。

 

さて、冒頭『ハーフタイムデー』と名付けられた由来は、「半年間を振り返ることで、その年の目標を再確認する1日」だということです。来週は第2回定期考査、中学生高校生ともに、これまでの学習を振り返り、目標を立てての準備が重要です。

特別な1日ということでもう1つ、昨日は『星の王子様』の作者でもあるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの誕生日です。そこで『星の王子様』からも引用して一節。

ーきちんと決めてあるから、ある1日が他の1日と異なるんだ。ある時間が他の時間と異なるんだ。ー

明日は考査前自学会です。計画的で、充実した1日にしましょう。

 

話は変わり、本日は部活動の話題です。

先日お伝えしましたように、「第14回百人一首かるた競技選手権大会」にて、柏選手が優勝、谷口選手が3位という素晴らしい結果を残し、「平成29年度 第41回全国高等学校総合文化祭『みやぎ総文2017』」に長崎県代表として出場を決めている百人一首部です。

中学生も先週24日(土曜)、『第41回宗像大社全国かるた競技大会』D級において、中学3年 松野選手が3位、中学2年 原口選手が同3位の結果の残しました。2選手は、初段へと昇段、次大会、次の級であるC級に臨みます。

 

話を聞こうと思い、インタビューのお願いすると、急なお願いだったにもかかわらず、「紹介してもらえるんですか、ありがとうございます。」と気持ちのよい返事をもらいました。

 

 

「高校生の先輩たちは、目標であり、メリハリのついた指導をしてくれる頼もしい存在です。」

練習は中高合同で行っています。柏選手・谷口選手をはじめとして高校2年生の部員たちが海星中学2年生時、4年前に同好会として発足し、部となって2年目です。百人一首部とともに時を過ごしてきたお姉さんたち。

堂々と部を牽引する存在です。

 

 

部員のほとんどが未経験者であるのも特徴の一つです。

「暗記力・集中力がつきます。何より楽しくて、夢中になれるものがやっと見つかったという感じです。」

部員の海星スケジュールを読ませてもらうと、部活動の練習の他にも、札を読んだり、暗記をしたりと自主練習でも頑張っている様子が伝わってきます。また、その日にあったこととして、練習試合の結果、そして、敗因、次への課題と綿密に分析をしている生徒もいます。

「1試合1時間以上ありますが、時間を忘れるほど集中できて楽しいます。」

苦労はしながらも、多くの生徒が短期間ですぐに百首を覚えてしまうそうです。練習、自己練習、すべてが楽しく、夢中になってできていることが上達の秘訣なのかもしれません。

 

「自分でも本当に粘り強くなったと思います。試合は大人も子どもも一緒に行うことが多いので、いつまでも誰でも楽しむことができる競技だと実感します。古文で書かれた和歌を読んでいくうちに国語も好きになりました。着物で試合をすることもあり、日本の文化に触れていると肌で感じます。礼儀作法も身につきます!」

百人一首の魅力を教えて下さいと尋ねると、挙げきれないほどたくさんの魅力を語ってくれました。

 

「今日は、考査前なのに、いろいろ聞かせてくれてありがとう。」

 

 

「こちらこそありがとうございました。」

流れるようにごく自然に身体が動き、手先のそろった素晴らしいお辞儀で送り出してくれた部員たちに、競技性の先にある礼の心を感じました。

 

最後に再び、『星の王子様』より一節。

ー大切なことは目に見えないからね。ー

 

素敵な心もはぐくみながら活動する、百人一首部のこれからの活躍にご期待下さい。

 

※ 写真は百人一首部の様子。

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal