学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

菜の花の便り

2018.02.28

週明け、春の陽気に包まれた晴れの日が続きましたが、2月最後の今日は曇り空。午後には強い雨の予報も出ています。傘の備えが必要な今朝の気温は6℃。

冒頭、美しい菜の花の写真は熊本県にて撮られた1枚です。

先週末、24日(土曜)25日(日曜)に行われた硬式野球『TKU旗争奪リトルシニア九州連盟春季大会』が実施されたのが熊本県、応援に赴いた赤倉先生(養護)から2回戦3回戦の嬉しい結果とともに春の1枚が送られてきました。

上天草市では約100万本の菜の花が見頃を迎えているそうです。長崎の見頃は3月から4月頃。有明海を挟んで隣県からの春の便りに、次の季節の足音が聞こえてきました。

その『菜の花』の花言葉は『快活な愛』『明るさ』『競争』『小さな幸せ』、そして、『財産』。

明日3月1日(木曜)は高校卒業式

明日、3月1日(木曜)は『平成29年度 高校卒業式』を挙行いたします。それに伴い中学生は自宅学習日となります。

中学1年生・2年生保護者会

また、3月3日(土曜)は『中学1年生・2年生保護者会』を実施します。

会場:第2会議室(中学1年生)・エトワール館(中学2年生)

中学硬式野球部 『TKU旗争奪リトルシニア九州連盟春季大会』

さて、週末、各クラブ活動は公式戦・遠征・練習試合・練習に挑みました。対戦いただいた各競技・各チームの皆様ありがとうございました。また保護者の皆様・OB・OGの皆様におかれましては、いつもあたたかいご声援ありがとうございます。

たくさんの『財産』となる経験をいただいた週末。

冒頭写真の舞台ともなった熊本県にて行われた『TKU旗争奪リトルシニア九州連盟春季大会』。

2回戦 海星 13(5回コールド)3 大分明野

3回戦 海星 8-3 長崎東

準々決勝 海星 - 小倉
日時:3月3日(土曜)11時30分(予定)
会場:山鹿市民球場(熊本県)

今週末へと続く大会。

授業の合間、廊下を歩く野球部員に激励とともに2・3回戦の成果と課題を尋ねてみると、打てば響く返答をもらいました。

「まず、成果はきちんと初球に手が出てヒットに繫げることができたことです。逆に課題はタッチアップの時に力んで送球がそれた場面があったので、次の試合までに改善したいです。」

そのままキャプテンにも同じ質問をしてみました。こちらも待ち構えていたかのようにすぐに答えが返ってきました。

「チームとして皆で盛り上げられたこと、3回戦劣勢だった終盤に全員で集中して試合に取り組めたことが成果です。逆にその劣勢のきっかけとなった3点を取られた回に、一度チームの気分が沈み込んでしまったことが課題ですね。切り替えて次に向かいたいです。」

経験から何を考えるか。どう次に繫げていくのか。それができるから成長があります。

平成29年度長崎市中学校卓球競技強化練習会

続いて卓球部。昨年8月に行われた『長崎市中学校学年別卓球大会』にて、ベスト16以上という見事な結果を残した石橋選手(ベスト4) 宮田選手(ベスト16) 矢野選手(ベスト16)の3名が25日(日曜)、『平成29年度長崎市中学校卓球競技強化練習会』に選抜されました。

朝から夕方まで1日を通しての練習会、30分ほどの基礎練習の後は、リーグ戦(総当たり)にて実戦経験を積みました。

対戦相手は互角か格上の選手ばかりです。週末、3月4日(日曜)に『第46回 長崎市長杯争奪卓球大会』が控える選手たちにとって、今回一緒に練習した選手が週末の対戦相手となる可能性も大いにあります。

お互いが磨き合う練習会、自己の練習の成果や課題、相手の試合スタイルや技術を通じて見えるものから内省するばかりでなく、他校選手とコミュニケーションを取りながら、良い緊張感を保ちながらも和やかに会を終えました。

さらに得た経験は、学校に持ち帰り、練習の中で活かすことで『海星卓球部』にとっても財産となります。

手に入れた財産は、愛でるばかりではただの飾りです。菜の花もその美しさだけでなく、その語源である『食用(菜)の花』のように、ほろ苦い味わいを感じることでさらに春を感じさせてくれます。

成長著しい選手たちの活躍にどうぞご期待下さい。

※ 写真は卓球部、硬式野球部の様子。

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal