学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

今月はクリスマス

2017.12.05

「寒い」と口をついて出る言葉。

そう言ったことで寒さがしのげるわけではありませんが、風の強さも手伝って今朝の寒さは格別です。

気温は5℃。市内では早朝に細雪が降っていた所もあったようです。

今月はクリスマス

寒さも一段と増した今月は、クリスマス。イエス=キリストの誕生を祝う月です。

本校では毎年12月、校内や校門に感謝の気持ちを込めて飾り付けが行われています。

海星はマリア会の学園。今年の創立125周年記念では、現ローマ教皇フランシスコ様からもご祝辞を頂いています。

イエス=キリストの誕生は、一般には12月25日とされていますが、これはローマ教会により定められた誕生日といわれています。この日はちょうどヨーロッパの『冬至祭』の頃。太陽の復活に『救世主の誕生』が重ねられたと言われています。

海星ブログで度々紹介させていただいている『暦』は、古来から世界中で私たちの生活と密接な関係にあります。キリスト教も例外ではないのかも知れません。

『イエスの誕生』クリスマスのオブジェは、それを見るだけで私たちをワクワクさせてくれます。

しかし、なぜ『冬至』の時分に?

そう、冬至は最も太陽が衰える時分なので、そのような疑問を持つのは必然です。冬至は北半球で、昼が最も短く、夜が最も長い時分。

しかし、それは同時に太陽が復活に転じる時期でもある日です。

中国では、この日を『一陽来復(いちようらいふく)の日』とされ、凶事が去り吉事がやってくる日とされています。冬至の頃は、「太陽の復活」の日なのです。そのため太陽暦での新年は、冬至のおよそ10日後とされています。

運気が上昇し、この日を境に太陽の力が蘇る日、それが12月25日(冬至の時分)です。

今年の冬至は終業式・クリスマスミーティングの日、12月22日。

 

新中央館エントランスに設置されたクリスマスのオブジェ。

撮影に協力してくれた生徒の皆さんは、「今年も、もうクリスマスだね。」と、わくわくしながらツリーを見つめていました。

 

師走は心が慌ただしくなりがちです。

そんな私達にエントランス・クリスマスオブジェは、立ち止まり一息つく時間と喜びを与えてくれています。

※写真は昨日の様子。

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal