学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

輝く菖蒲 光る桃

2018.05.01

在学中・友達と生徒会活動報告を行う泉さん(写真:右)

大歓声の中、今年度の体育祭が終わりました。余韻に浸りたいところですが『next one』です。

ゴールデンウィーク真っ只中で今朝は快適な通学路。本校は、今日明日は平常授業。16日(水曜)からは今年度最初の第1回定期考査が始まります。

気温が17℃の今朝。今週土曜からは「立夏」、牡丹や菖蒲、藤の花が咲き夏への準備が整います。その土曜・5日は「こどもの日」ですが、もう1つ「端午の節句」です。

端午の「端」は端緒(意…物事の始まり)の「端」。「午」は「五」なので、従来「端午」とは五月に限らず月初めの五日のことでした。これに季節の花「菖蒲」に尚武(意…武を尚ぶ【武をたつとぶ】)をかけて、この日は男の子の祝いの日になりました。

ロマン長崎

まもなく端午の節句というお話をしましたが、国際観光都市:長崎を国内外にアピールする主に女性が活躍する観光親善大使『ロマン長崎』をご存じでしょうか。

先週、2018年度ロマン長崎3名が決まりました。例年『長崎』を大いにPRしてくれる女性の大使。今年1年間、長崎の魅力を発信するその今年度大使3名のうち1名に、本校第67回生・泉菜月さん(現:純心大学4年)が就任しました。

「今年一年間、長崎の魅力を積極的に伝えます。」と、就任後に連絡をいただきました。

高校時代は生徒会マップスとして、学校行事に積極的に関わり活躍してくれた泉さん。

生徒会マップス(2014年:1列目右から4番目)

大学進学後は、活動の幅を広げ『ドイツへの短期留学』『長崎平和活動ブック作成』、さらには健康促進のためボクシングジムに通うなど、活動の幅を広げました。

「長崎市の魅力を、実際に長崎で生活してみて、また国外から見て、改めて感じています。素晴らしい学びの場を与えてくれた純心大学、そして長崎観光の中心にある海星学園で学び経験した事を存分に発揮して、学生生活集大成の1つとして観光親善大使・ロマン長崎として誇りと自覚を持って活動します。」と、声を寄せていただきました。

3年前、同級生とホームページに協力(写真:右から4番目)

男女共学13年目

2006(平成18)年に男女共学になった本校。それまでは男子校として100年を優に超える歴史を歩んできた『海星』ですが、近年ではこの『海星男子』と同じ輝きを放ち活躍する『海星女子』の活躍に元気をいただきます。

男子校時代、海星生徒はかつては『海星ボーイ』と言われたいたことを在校生の皆さんはご存じでしょうか。時の流れを感じずにはいられません。

125周年記念誌でも多くの『海星女子』を紹介させていただきました。

看護師として、JR車掌として、教師として、または活動する芸術などを通じて社会に、もしくは長崎に元気を与えたいと社会人として活躍している多くの海星女子卒業生。節気で菖蒲が男の子なら、女の子は桃の節句。菖蒲同様、美しい桃が卒業後も大いに活躍しています。

125周年記念誌より:66回生松山さん(写真中央)

先日も106期宝塚音楽学校に見事合格を果たした大原さんには、皆が涙しました。

また在校生今後の活躍に期待し、多くの卒業生が母校に足を運び講演などで叱咤激励をいただいていますが、そこにも女子卒業生の姿が近年は見られます。

明後日3日(木曜)~6日(日曜)からゴールデンウィーク後半が始まり、早いクラブ活動は明日から遠征に出発する予定です。

今年も全国各地で経験を積み、定期考査後はいよいよ始まる高校総合体育大会。

約3万人を超える男女卒業生が、在校生私たちの活躍を楽しみにしています。今の自分に益々磨きを掛けて、ゴールデンウィーク後半も一層充実させていきましょう。そしてロマン長崎のように、海星の素晴らしさをこれからも私たち自身が自覚を持って一緒に発信していきましょう。

※写真は、卒業生の皆さん。

平成30年 海星同窓会総会

■日時 2018年5月26日(土曜) 18時~
■場所 平安閣サンプリエール
■会費 5,000円(25才以下の方は2,000円 同窓会事務局・濱崎先生まで)

■お問い合わせ先
海星同窓会事務局(095)826-7321(海星学園内)

 

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal