学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

気魄の剣

2019.01.30

明日、高校は一般入学試験を実施いたします。受験生の皆様の健闘を祈願いたします。

今朝は最近には珍しくとても静かな朝でした。風の向きのためでしょうか。普段なら聞こえてくる雑多な社会音や船が波を打つ音などもなく、通学路はほぼ無音。とても澄んだ早朝でした。

冬から春に少しずつ移行している節目だからでしょう。来月実施の大学前期試験、私立大学入学試験はもう始まっています。来春に向けて卒業式がすでに実施されている学校もあります。

その1つ。昨日は長崎警察学校・第508期生卒業式が実施されました。報道等ですでにご存じかとは思いますが、今年の卒業生は52名。そのうち本校卒業生は6名。本校校長は来賓として招待される機会を頂き、皆の巣立ちに破顔。大変喜ばしい時間を過ごしました。

今朝の気温は6℃。三寒四温を感じる大寒末。

剣道部朝練習

昨日早朝は、賑やかで煌びやかな音と姿が校舎から見られました。

クァンタム・オブ・ザ・シーズ号が入港です。

ちょうど長崎港に上海港発の同船が入港してきた頃、その港を臨める海星武道場から「イチ!ニ! イチ!二!」と、整った大きな声が聞こえてきた午前7時すぎ。

10月に開催された長崎地区新人戦・男女ともに準優勝を果たした剣道部です。

今年から再び活躍が著しい剣道部。

理由は多くあります。まずは先輩方同様、現部員皆さんの練習姿勢やこのような日々の練習の成果です。また、その理由の1つに今年本校に着任した鶴羽先生(体育科)にやはり注目しなければいけません。

鶴羽先生は、海星OBの第40回生。

卒業後は大学を経て昨日おこなわれた卒業式…そう、長崎県警で活躍。そして平成30年度4月より30年ぶりに母校に帰り保健体育科教員として着任しました。剣道部の顧問です。

高校生時代、在学中はもちろん剣道部で汗を流した、剣道部OBでもあります。

海星剣道部の歴史も他の部同様に古く、戦前から活躍している部活動のひとつです。

近年では現・川島副校長が監督を務めてきました。鶴羽先生は、川島副校長の教え子です。

川島副校長は昭和55(1980)年、着任。大学時代には全国選手権大会で優勝したときの選手。平成元年には、教士七段を取得しました。

昭和57年から5年間、高総体と新人戦ではベスト4。昭和59年、60年には九州選手権選抜に出場(ベスト8)、昭和59年には高総体・準優勝。平成に入ってからも15年・17年・21年・23年・27年に全国選抜長崎県大会3位(一部割愛)の実績を残しています。

現在剣道部は、男子・阿部監督(理科)、女子・古瀬監督(数学科)、そして鶴羽中学監督(体育科)と、3顧問体制で臨んでいます。

早朝。

素人にはこの季節、足の指が縮こまるほど冷たい床。全ての剣道家と同じように、そんなことは全く意に介さず木刀を持った素振りが続きます。そして手を木刀から竹刀に変え再び続く素振り。

鶴羽先生が叩く太鼓の音に合わせ、次々に稽古が進んでいきます。

吉村英治先生著『宮本武蔵』の一説

これくらいのことで恐れるようなら剣術の稽古などしないがいい。

無法者だの伊達者だの言われて、ややもするとけんかするではないか。足を踏まれたからといって喧嘩をし、刀のこじりに触ったといってはすぐに抜き合うがだーいざ、改めて勝負となると固くなってしまうのだろう。それじゃいかん。

やはり修行を経た自信でなければ、ほんものの勇気ではない。

さぁ、たってみろ。

 

阿部先生、古瀬先生に加え、新たに今年度、鶴羽先生を顧問に迎えた海星剣道部の活躍に、どうぞご期待下さい!

 

※写真は昨日の様子。

 

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal