学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

Hello, my friend

2019.02.26

太陽の運行とともに一年を二十四の節気に分けて、その特徴を表す名前をつけた暦『二十四節気』。

約15日ごとの季節の変化は、もともとは中国・黄河流域で誕生したものです。その15日の一節気をさらに3分割したものが『七十二候』。こちらは日本の風土に合うように、独自につくられたものです。ともに基準となっているのは「太陽」。

キリストの誕生も『冬至』を起点に太陽の復活を祝うものと結びついたものとされています。

万国共通。喜びを共有できる私達の友人は、世界中にいます。今朝の気温は7℃。綺麗な半月と星々が、朝の冷え込みに比例しています。

英語部と交流会

数々のクラブ活動が活発に活動する本校。先週末、その1つ『英語部』(顧問 法村先生:英語科)は、活水女子大学・長崎県立大学に留学している皆さんを本校にお招きして、交流会を実施しました。互いの言語と笑い声が行き交う交流会。

まずは英語部作成『カルタ取り』で、早速親睦を深めました。

さらに絵しりとり。

これが面白い。

例えば月の中にいるのは日本では「餅をつくウサギ」ですが、北ヨーロッパでは「本を読むおばあさん」、東ヨーロッパでは「女性の横顔」、ドイツでは「薪を担ぐ男」、アラビアでは「吠えるライオン」・

同じものを描いているのですが、文化の違いや絵の上手い苦手も手伝って、一層交流が深まりました。

法村先生が部員に感想を聞くと

「お互いの文化の違いや似ているところを発見して、とても興味深かったです。」

「素直に面白かったです。物の見方が少し変わりました。」

「将来留学したいという気持ちがこみ上げてきました。」など、様々でした。

活水女子大・岩下先生と本校アレックス先生、今回主体となって運営した英語部員と1枚。

「日本語だけでは駄目で、自分ができる力をフルに使って今日は活動しました。今までと全く違った体験ができました。」

「意思表示は本当に大切です。サンキューと、ノーサンキュー。日本ではあまり意識しないハッキリとした意思伝達に言葉は、コミュニケーションを深めるうえで重要だと思います。」

最後に英語部が学園校舎を案内させていただきました。ちょうど、バスケットボール部が本稿体育館で練習試合を行っていて、そのゲームを見て留学生皆さんが喜んでいた姿が印象的でした。

楽しく貴重な時間を体験させていただきました。ありがとうございます。

私達は、交流を深めたことによって次回再会したときは、まずはこう言います。

「Hello, my friend!」

(英語部運営委員)

 

※写真は、英語部交流会の様子。

第6回定期演奏会

◇場所 長崎市民会館 文化ホール
◇時間 3月21日(木曜・祝)13時00分開場:13時30分開演

第12回テコンドー全日本選手権大会 女子57kg級優勝 平林霞さん

◇スポ魂ながさき:ncc 放送予定
◇げなパネ:NBC 放送予定

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal