学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

優勝 百人一首部

2020.10.14

秋もいよいよ終盤。朝の空気が益々澄んできました。

そのせいでしょうか、今朝は随分遠くから船の音が聞こえてきました。澄んだ空気が運んでくる朝の音。今朝はいつもより雀の鳴き声も心地よく聞こえてきています。

冬直前の今頃は、渡り鳥の季節。肉眼ではなかなか確認することは容易ではありませんが、北の国から日本列島へ、そのまた皆々場所へ、沢山の鳥が渡っていきます。テレビをよく見ているとこのシーズンは渡り鳥の興味深い様子が放送されています。

 

優勝 百人一首

「長崎北高校と五島高校との三校総当たりでした。一回戦で北高に惜敗し、気持ち新たにしながら五島高校戦に臨みました。」

先日新しいルールの中で開催された大会で、本校百人一首部が見事優勝の成績を収めました。

「大会直前まで試合形式の練習が出来ず、苦しい日々が続いていましたが、今までの練習の成果を発揮できた試合でした。」

百人一首部 原彬監督は今回大会に挑んだ全チームの互いの苦しさを代弁しながら大会を振り返ってくれました。

「全ての試合が終わった段階で参加三校の勝ち点がならび、順位の決定は主将から順に勝敗を見ていく形となりました。その結果、海星が主将ポイントが2点だったため優勝となりました。」

最初は同好会から始まった本校百人一首部。

近年は力をつけ部に昇格、平成28年の長崎県代表にはじまり、その活躍は目覚ましいものがあります。今年は残念ながら開催されない学園祭でも袴姿を披露し、百人一首に普及活動にも大変精力的です。

「実力が拮抗し、どのチームも優勝に値する内容でした。その中での優勝できたことは、メンバー全員が次につながる目標を得られる素晴らしい経験になりました。」と、充実感を与えていただいた大会に安堵の表情も垣間見せました。

今年は九州大会が中止になったのは残念ですが、大変充実感をいただいた大会だったとのこと。開催にご尽力いただいた多くの皆様に心よりお礼申し上げ、百人一首部のますますの活躍を祈願いたします。優勝おめでとうございます。

※写真は歴代を含む百人一首部。

10月14日

校長 武川 眞一郎

おはようございます。風がなく凛とした冷たい空気です。思い切り深呼吸しましたら、「金木犀」の甘い香りを感じました。

昨日移動しながらふと沿道に目線を移すと、黄色い実がついた木が2本あります。葉がないのでみかんではありません。凝視しますと柿でした。柿はこの時期に実が成るのだろうかと考えあぐねていると、渋柿かと合点しました。子供の頃、母が渋柿の皮を剥き縁に干していたのを思い出しました。父が焼酎に漬けて干すともっと甘くなると言っていたものです。季節の情景に楽しみを覚えて時間でしした。

【日本赤十字社】「ウイルスの次にやってくるもの」

https://www.youtube.com/watch?v=rbNuikVDrN4 をご覧ください。

社会も頑張っています。皆さんもご協力をお願いします。「私達は絶対、この困難を乗り越えられる」ことができると信じましょう。

次の「3つの密」を実践してください。
(1)人の集まるところへの外出はしないでください。(密集)
(2)閉ざされた空間では換気を十分に行いましょう。(密閉)
(3)人との接触を避け、一定の距離を保って話しましょう(密接)

※家族以外との会食は避けましょう。

(30秒手洗い)
指と指の間、爪先、手首を丁寧に石鹸で洗ってください。手をハンカチ等で拭いたあとアルコール消毒液を使用しましょう。

※登校後ただちに手洗い
※食事の前後に手洗い
※トイレの後に手洗い
※掃除の後に手洗い
※帰宅後手洗い

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal