学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

強くなりたい

2020.11.30

明日からは12月、師走です。いよいよ今年も年度末。本校では明日から第4回定期考査が始まります。

週末からぐっと冷え込み、今朝の気温は8℃でした。『朔風(さくふう)葉を払う』冷たい北風が、木々の葉を落とす木枯らし真っ盛りの季節。霜が降りると朝からの寒さは格段です。

その霜。それに当たると糖度が増すのが冬鍋の王様・白菜。冷涼な土地を好んで育つ白菜は冬の寒さが好物で、私達はその寒さをしのぐために白菜を鍋でいただくとは、これいかに。

今朝の景観

今朝午前6時前、通学路には見事というのは言葉が足りない満月。東山手を正面に長崎港を照らしていました。

冬の無音が、美しさを際立ててくれます。

今朝も例外なく肩を上げての思わず一枚という撮影でしたが、こうも美しいと「今度はもっと。」と欲が出て新たな一枚を取りたいと思いました。

将棋 新人戦第3位

今日は文化活動のご報告です。

学校総合文化祭・将棋部門新人大会にて見事本校から出場した3名が第3位に輝きました。おめでとうございます。早速、3人に話を聞く機会を得ました。

「上には上がいると知った大会でした。とても勉強になりました。」と大会を終えての感想を聞くと、まずこの返答がありました。

そして

「僕は小学校1年生の時から将棋を始めました。一手一手を打つのに頭を使うのが将棋の魅力だと思います。この楽しさの延長に今回の新人戦がありました。」と、第3位の喜びを見せながらも、次のような言葉がとても印象に残りました。

「他県にとても強い選手がいました。『あの人に勝ちたい。』と、心の底から大会を終え気持ちがわき上がってきました。今まで楽しさだけで指していましたが、新たな意欲をいただいた大会になりました。やっぱり将棋はとても奥深く面白いです。」

引率をした井上先生は「一試合終わるごとに全員で対局の振り返りを行っていました。強くなることに貪欲で、互いが切磋琢磨した今大会でした。その結果の第3位だと思います。」

あの羽生棋士は著書の中で『一方的に入ってきた知識は、一方的に出て行きやすい。しかし、自分で体得したものは出て行きにくい。」と、勝負を積み重ねる大切さを表現しています。

相手の一手、会場の雰囲気、仲間との対局振り返り。

3人が体得した大きな第3位という結果は、彼らなのかに大きく残った様子が垣間見られ、大金阿喜びをいただきました。

※写真は、将棋・新人大会。

 

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal