学園紹介

TOPページ

学園紹介

校訓

校訓

海星は輝く知の星でありたい

わたしたち海星学園の教育の根幹は、「神愛・人間愛」の校訓をもとにした人間の育成にあります。自分をしっかりとみつめ、正しい価値判断のできる人間、また愛と正義・平和のために核となって社会に奉仕することのできる人間を育てます。

沿革

明治25年 長崎市南山手に海星学校創立
初代校長はマリア会員のジャック・バルツ
 シャミナード師
シャミナード師
バルツ師

バルツ師

明治28年 現在の東山手5番3号に移転
明治44年 海星中学校になる
昭和23年 学制改革により海星中学校・海星高等学校となる
昭和33年 中央館完成
昭和39年 理科館(南館)完成
昭和42年 北館・体育館・図書館・食堂完成
昭和63年 マリア会来日100周年記念ミサを浦上天主堂で行う
平成2年 新修道院完成
平成4年 創立100周年
新図書館・管理棟と聖母子像完成
平成14年 創立110周年
平成16年 野球場・サッカーラグビー場・弓道場完成
平成18年 ステラ・マリスコース(男女共学)を設置
平成19年 国公立進学クラス男女共学となる
詳細はこちらからご覧ください(PDF)