海星中学

TOPページ

海星中学

知力を育むステラ・プレップコース

難関国立大学(医歯薬系を含む)・難関私立大学・国公立大学を目指すコースです。

ゆとりを生む一貫教育プログラム

2010年4月よりスタートした「ステラ・プレップコース」(男女共学)は6年後の難関国公立大学合格を目指します。より高い学力をつけるため、最終目標に合わせたレベルで授業を進めます。

校外模試・各種検定に積極的にチャレンジ

自己の学力レベルを把握するために、校外模擬試験を積極的に受験します。また、校外模擬試験を受験するにあたり、前もって過去の問題を練習として学習する「テスト会」を実施し、各自のコンディションがベストな状態で受験できるよう支援しています。

中学3年生までにすべての生徒が漢字検定・英語検定・数学検定で3級以上合格を目指します。

 

学習支援体制「放課後S講座」

本校では、火・水・木の放課後の1時間程度の自学自習時間を設けています。質問ができるよう教科担当者を配置し、疑問をその日のうちに解消できるように支援しています。この放課後1時間を進学、進学、深学の頭文字をとって「S講座」と呼んでいます。

 

長期休暇中の「課外補習」

夏休みなど、長期休暇中は特別課外授業を実施しています。通常の授業日とは違って、より理解を深めるための課題を学習します。

 

中学1年
中学2年
中学3年
 「勉強することの意味」を考え、徹底して「生活習慣」と「学習習慣」の確立を図り、基礎学力を養成します。  豊富に授業時間があるため、ゆとりが生まれ「基礎」から「応用」へ、無理なく進めることができます。  主要3教科(英語・数学・国語)を中心に、高い応用力を身につけさせます。3学期は分野において高校課程の先取り学習をします。