海星高校

TOPページ

海星高校

海星の教育システム 自分を育てるための4つの柱

海星の教育システムは、生徒の志望・適性に合わせ多様な指導を行うことにより、確実な進路実績へとつながっています。

1.知力を育む3つのコース - 進路への最短距離

希望の進路に応じた3つのコース

海星高校では3つのコースを設置して体系的に指導するコース制を採用しています。
進路を明確にすることで、最適な指導を実現しています。
生徒は自らの適性や希望をじっくり検討しながら進路を決定することができます。

system

 

system

それぞれの進路に応じたコースのカリキュラムと、到達度別クラスによって基礎から大学受験までの内容を、3年間で仕上げます。

将来の進路や入学後の成績を考えた上で、1年生から2年生に進級する際に本人の希望と総合成績により決定します。

2.毎日の学習をサポート - 理解するまでしっかりバックアップ
system 主要3教科の毎日「5分間テスト」「単元テスト」で無理なく着実に基礎力を固めます。
ほんの短い時間ですが、毎日の積み重ねが確かな力となり、またテストの予習を欠かさないことが学ぶ習慣作りにもなっています。志望大学合格を果たした海星生の多くが「学ぶ習慣が身についた」 「基礎が自然と身に付くので応用に時間を割くことができた」と、5分間・単元テストのメリットを挙げています。

 

3.進路の適切なアドバイス - 多様化する受験システムに対応

system

進路指導を専門的に担う進路指導部のスタッフと担任が提携し、生徒や保護者からの相談に応じます。生徒の生活や成績の変動を詳しく知る担任から得た情報を、担当スタッフが専門的視座から客観的に分析します。

 

●生徒の志望・適性
課外授業で志望校の過去問題を解く

●過去のデータ・最新の情報を提供
進路指導室の充実
┗過去度の問題集・授業情報の充実。専用パソコンを設置し、教員・生徒ともに、多様化する受験に対して、積極的に活用しています。

●徹底したアドバイス
未来を見据え、きめ細かにサポート。
┗生徒・保護者・教員がコミュニケーションしながら、進路について考えていきます。

 

4.密度の濃いカリキュラム - 質・量のバランスのとれた、きめ細やかな学習指導

■年間授業日数220日以上

きめ細やかな指導を実現する豊富な授業日数
公立高校が完全週休2日制を導入するなか、海星では第1・3土曜日にも授業を行い、豊富な授業日数で、学習内容の充実、きめ細かな指導を実現しています。

 

1週間で60分読書

1日10分の積み重ねが、読解力・思考力を生みだす。
早朝に10分間「朝の読書」の時間を設置しています。短い時間ながら、毎日、行うことで読解力・思考力を育み、1日を心落ち着かせて授業に取り組むことができ、生徒たちにも好評です。

 

■進路別課外授業350時間以上

一人ひとり志望・進路にあわせた課外授業を設定。
海星では、3年次に受講する課外授業で一人ひとりの進路に応じて選択できるように設定しています。
演習を中心とした実践的な授業なので確かな学力を育成しています。