学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

包んでくれた歌声
合唱同好会

2017.07.11

雨雲が勢いよく風に乗って流れています。雲の切れ目からは、入道雲と青空が時々見える朝。気温は27℃です。

昨日下校時には、待ってましたとばかり一斉に蝉が鳴き出していました。今年初めて聞いた蝉声に、小暑から大暑(23日)がいよいよ近くなってきたと促されたような気分でした。

宗教講話

海星学園では、毎月一回・初金日に宗教講話を実施しています。

初金とは、月の最初の金曜日。17世紀よりカトリック教会で信心されている初月の曜日です。

福田宗教部長が講話を毎月行い、私たちに話をし、思いを巡らせる時間を与えます。

今月は7月7日・七夕がちょうど初金でした。

今月は「人とのつながりの大切さ」「私たちは多くの人たちとともに生き、支え合っている」というテーマで講話は行われました。

講話後は、毎月約5分間・音楽黙想です。放送部が音楽を流し、私たちは黙想し、ある人はいただいた講話に思いを巡らせながら、またある人は先月の行いについてや今月の取り組みについて。ある人は無心で黙想をします。

しかし、今月はいつもと異なりました。

合唱同好会

冒頭写真にあるように、今年度より活動が本格化した『合唱同好会』の皆さんが歌い、彼らの歌に合わせて音楽黙想を行ったのです。

いつもは放課後に聞こえてくる練習時の美声。登場時には少し響めきがおこりました。

 

福田宗教部長からの紹介後、早速彼らは歌い出しました。

合唱した歌は『ビリーヴ』(杉本竜一・作詞作曲)

全校生徒は静かに耳を傾けました。

広い広い海星学園・体育館。そこにいる大勢の全校生徒前にコーラス部の歌声が隅々まで届き渡ります。

普段は目を閉じて聞く、この時間。

しかし今回は彼らをジッと見つめて、いただいた講話の話と爽やかなメロディーにのって奏でられるビリーヴ歌詞と彼らの歌声に心をとても揺らされました。

講話と合唱で、心がいつも以上にひとつになった今月・初金。

 

合唱が終わると、思わず一人の生徒が始めた拍手。
一瞬にして全校生徒が大きな拍手、体育館が拍手の渦に包まれました。

初登場で、初金・全校生徒前という大舞台。

 

大役を果たし、拍手の渦中にいる彼らの顔がとても印象的でした。

支え愛。

※写真は、今月初金の様子。

 

 

■吹奏楽部
第62回長崎県吹奏楽コンクール
7月23日(日曜)12時15分~ 32番目(2日目9番) 会場:アルカスSASEBO

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal