学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校 学校法人 海星学園 海星高等学校 海星中学校

同窓会

2018.02.06

昨日夕方からの降り方で今朝の降雪も心配されましたが、今朝は積雪はありません。本日は大学入試をはじめ、県内公立高校等では推薦入試も実施されます。積雪著しい地方も日本国内にはあっている報道ですが、受験生の皆さんには、しっかりとした準備で本日挑んで欲しいと祈願します。

今朝の気温は-1℃。

気象庁天気予報によると、長崎は明日まで雪予報です。

海星関西同窓会

蕗の薹(ふきのとう)に東風(こち「春風のこと」)、白魚といった春を探す日々がまだ続きそうです。今朝の風は東風にはほど遠く、頬を真っ赤にする風。

かつては段々畑だった東山手に、開港の波が押し寄せ外国人居留地にはじまった人の往来。明治の人たちも、この丘から四季を感じていたことでしょう。

さて創立125年目を数える本校には、長崎をはじめ日本各地に同窓会があります。

一昨年は海星同窓会発足100年目でした。

長崎以外で最も古い同窓会は『東京海星会』。

昨年5月・東京海星会定例会

今年発刊した125周年記念誌に第6代目となる江頭東京海星会会長(20回生)に寄稿いただき会長が記されています。東京海星会は昭和26(1951)年に発足し、現在66年目。

そしてもう1つ。

林会長(20回生)を中心に活動する海星関西同窓会です。

先週末、大阪にて関西同窓会定例会が実施されました。

全ての同窓会の皆様には、いつも過分にご支援、現在本校活動にご理解ご協力をいただいています。特に昭和34年甲子園初出場を果たして以来、甲子園県内最多出場(春5回・夏17回)を数える本校は、県人会の皆様をはじめ、関西同窓会には大変お世話になっています。

先週末、関西同窓会定例会が今年も実施されました。

林会長、さらには東京海星会から江頭会長、長崎からも伊集院同窓会長が出席。そして長崎県人会をお迎えして開催されました。

海星同窓会事務局・濱崎先生(英語科)によると、「坪光理事長の言葉にはじまり、今回も旧交を温める素晴らしい会でした。特に昨年多くの皆様にご協力いただいた125周年記念式典が話題でした。」

続けて「私自身も、OBの1人として先輩方、そして後輩の皆さんとともに、ますますマリア会、そして母校の発展を願う会でした。」と、無事定例会を終えた感想を教えてくれました。

濱崎同窓会事務局長は、東京・関西、そして長崎の同窓会に出席し、いつも持参した名刺がなくなると言います。

海星同窓会の発足は、大正5(1916)年。校友会誌『海星』創刊号が刊行された翌年です。卒業生は約3万2千人。歴史・伝統・未来。

めぐる季節。過ぎる時間。

海風のどよもす丘に きおい立つ若人われら。

※写真は関西同窓会の様子。

 

このページをシェアする 
ページ上部へ
海星高校テニス部
学校法人-暁星学園
大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校
札幌光星中学校・高等学校
東京海星会
KTNテレビ長崎 私学キラリ
学校法人 海星学園
海星高等学校・海星中学校
長崎県長崎市東山手町5番3号
電話 095-826-7321 / FAX 095-820-5696

本サイト画像等を無断で複製または転載することをかたくお断りします。ご理解よろしくお願いいたします。
Copyright © 2017 "KAISEI GAKUEN" All rights reserved.

  • medalmedal